葬儀後の遺産相続の流れ
葬儀後の遺産相続

相続財産と葬儀費用で差し引けるもの

葬儀費用を相続財産で充てる場合にも、対応できるものとできないものとがあります。ここでは相続財産で賄えるものをいくつか紹介します。まず、死体・遺骨の運搬にかかった費用です。葬式・葬送にかかった費用や、遺体・遺骨の回送にかかった費用についても賄えます。その他、葬儀・火葬・お通夜の際の会場使用料などおよび、僧侶や神官へのお布施も賄うことが可能です。

一方、賄えないものについても紹介をします。香典返しにかかった費用は賄えません。各種法要の際の費用から、納骨を行うための墓地購入費用も含まれます。お通夜などの飲食・衣装代も場合によっては、遺産相続から賄えない場合があります。その他、気になることがある場合には、弁護士か税理士、もしくは市区町村に相談をすると相応に答えてもらえるでしょう。

葬儀費用を相続財産から支払う場合のメリットですが、日払った分だけ差し引きできますから、相続税の計算がしやすくなることが挙げられます。上手に活用すると、相続税の節税に繋がります。

葬儀費用ですが、必要なものは各種遺産相続から賄うことができます。相続税が発生する場合においては、節税対策に一役担えますが、あらかじめ相続者同士での話し合いを行うことがおすすめです。

ページの先頭へ戻る