葬儀後の遺産相続の流れ
葬儀後の遺産相続

相続放棄した場合の葬儀費用と法廷単純承認について

遺産相続の際、故人の負債が大きい場合には、相続放棄も選択肢の一つとなるでしょう。その上で、葬儀の際にかかった費用について、遺産を支払いに充てて相続放棄をできるかどうかを紹介します。相続財産を葬儀費用に充てた場合には、相続放棄できないと考える方もいます。しかし、葬儀にはまとまった費用がかかりますので、常識の範囲内で葬儀を行った場合には、例外的に認められることもあります。

ただし、家庭裁判所の判断になりますが、あまりに華美な葬儀を行った場合には、その相続財産使用が法廷単純承認の要件に該当しますので、財産を抱えることになります。負債が多いなどの理由で財産放棄を考えている親族は、考慮しておきたいポイントです。

法廷単純承認についてですが、民法921条にも定められており、相続財産の一部もしくは全部を処分したときに認められます。その後、財産を隠して使用した場合にも認められます。期間は、相続が発生したと知ってから3か月の猶予があります。3か月を過ぎると、相続放棄ができなくなりますので注意しましょう。

遺産を葬儀費用に充てた場合でも、遺産相続を放棄することができる場合もあります。しかし、あまりに華美な葬儀もしくは財産を隠していた場合には、負債が多い場合でも相続放棄ができませんので、心に留めておくようにしてください。

ページの先頭へ戻る