葬儀後の遺産相続の流れ
葬儀後の遺産相続

葬儀の際にいただいた香典は遺産相続対象か否か

葬儀を行った際に、御香典を弔問者様からいただくようになりますが、これは遺産相続になるか否かについて説明をします。

結論から言うと、遺産相続の対象ではありません。これは、葬儀後の被相続人への葬儀費用に充ててもらうことを目的としています。そのため、喪主に対して贈与されたお供えとしての扱いとなります。葬儀の際にかかった各種支払いが完了し、香典の費用が残った場合に、その使い道を決める時には、喪主の方が決定を行います。親族間で分ける場合はもちろん、自ら全額持つことも問題ありません。

しかし、葬儀費用は、葬儀社に支払う費用の他にも寺院へのお布施、火葬場や各種会館使用料などで概ね200万円程度必要となります。その上、葬儀を終えて、各種法要・墓地建立などの問題があります。それらを行うにあたってもまとまった金額が必要となります。参列者様が多く香典が多額になっても、その後に金額が必要なことを考慮する必要があります。

御香典は相続対象ではなく、葬儀費用よりも多くいただいたとしても、遺産相続の対象ではありません。しかし、葬儀後にも法要などでまとまった金額が必要になりますので、その資金に充てても問題はないか、最終的には喪主をつとめた方の判断となります。

ページの先頭へ戻る