葬儀後の遺産相続の流れ
葬儀後の遺産相続

葬儀費用支払いと遺産相続

葬儀費用は、御香典もしくは喪主及び親族の預貯金などでまかなえる場合はそれで対応できます。生活保護受給者など、葬儀費用を補助してもらえる場合も問題ありません。しかし、それらで葬儀費用が賄えない場合に、遺産相続の問題が関わってきます。

相続財産から支払う場合は、各種不動産などを売却したうえで、費用に充てることもできます。しかし、それでも間に合わない場合には、相続人が相続分に応じて支払うようになります。

遺産相続は最終的には喪主の判断となりますが、葬儀を派手に行う場合には、相応の費用がかかります。家族葬など小規模での葬儀を行う際にも、相応の金額が発生します。財産の確認をした上で、葬儀を行うことも一つの方法ですが、親族間での話し合いが充分に持たれていない場合には、親族間トラブルに繋がります。特に財産がある場合には、親族間ではその費用をもらいたい気持ちが少なからずあるでしょう。摩擦を防ぐためにも、おおよその参列者の見込みを踏まえて、無理のない範囲にて葬儀を行う必要があります。

相続財産を葬儀費用に充てることはできますが、その場合はあらかじめ相続対象者および弁護士などの専門家との話し合いをした上で、納得した形で行うようにしましょう。

ページの先頭へ戻る